投稿者「admin910」のアーカイブ

湯船にお湯を張ろうとしたら水しか出ない!なんてことはありませんか??


湯船にお湯を張ろうとしたら水しか出ない!なんてことはありませんか??
給湯器でもっとも多いエラーの一つが点火不良による111です。

今回はこのエラーの原因と対処法をご紹介します。

111エラーになってしまう原因

ガスが供給されていない、または点火できないことが原因で起こるエラーです。
供給、点火できない要因として次のような例があります。

1.ガスによる原因

ガス栓が閉まっていたり、LP、プロパンガスのタンクが空になっていませんか?又、ガス会社への支払いが行われておらず、供給がストップした可能性もあります。

2.給湯器自体の問題

給湯器の排気口がゴミなどで詰まっていたり、ものが置かれてふさがっていたりすると
故障の原因にもなります。

3.外的要因による供給の遮断

地震や大雨などの災害による浸水、凍結、ガス供給のストップが原因でエラーが表示されている可能性もあります。

111エラーの改善方法とセルフチェック

給湯器自体の故障の場合ご自身で原因究明をするのはむずかしいですが、
以下のチェックで問題を見つけられるかもしれません。

チェックリスト

長期のお出かけなどでガスの元栓が閉まったままになっていないか?

ガスメーターに供給停止を知らせるランプが点滅していないか?

→ランプがついている場合は復旧作業を行なってください。
ボタンを押すだけなので作業自体は簡単です。

【復帰手順】
1.室内の全てのガス栓を閉めます。
2.ガスメーターのキャップを外し、中のボタンをゆくり押し、離します。(押している間はボタンが点滅ではなく点灯します)
3.話すと再びランプが点滅しますので、ランプが消えるまで3分ほど待ちます。(この間ガスは使用しないでください)
4.3分経過しランプが消えたのが確認できた後、ガスコンロなどを使用し、ガスが供給されているか確認します。
(東京ガスの復旧画像載せる)

給湯器の通気口が塞がれていないか?又、凍結していたり、断線、サビていたりしていないか?

→給湯器の排気口周りにゴミやススが溜まっていたり、ものが置かれていないか確認してください。
特に台風などの後は強風でゴミや落ち葉が排気口を塞いでいることもあります。
(排気口の画像載せる)

給湯器のコンセントを一度抜いてみる(これで復帰する場合もあります)

一度給湯器の電源を落とし、しばらく時間を置いてから再度給湯器の電源をつけてみる

上記で解決しなかった場合は・・・

チェックリストの内容で改善しなかった場合は給湯器内部に問題がある可能性があります。
ここからは専門的な知識が必要になるので、専門の業者に依頼した方が無難です。

給湯器の寿命は一般的に10年と言われています。
物によってはもっと長持ちする型もありますが、10年近く使用されているものでしたら交換をお勧めします。

トーセキでは給湯器の交換をスピード対応で行なっております。
足立区、葛飾区、墨田区、江戸川区近辺のエリアでしたら最短30分で駆けつけます。
そのほかの東京エリアでも最短1時間でお伺いしますのでお気軽にお問い合わせください!
(対応エリアの画像載せる)